LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ナイス/埼玉県入間郡の「関東物流センター」の第2期工事を着工

2022年04月15日/物流施設

ナイスは4月14日、埼玉県入間郡越生町の大型物流拠点「関東物流センター」の第2期工事を着工すると発表した。

<関東物流センター(既存建物)>
0415nice1 - ナイス/埼玉県入間郡の「関東物流センター」の第2期工事を着工
同社は、全国の物流体制の再構築と強化に取り組んでおり、首都圏では、2019年3月期に、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の開通に伴い、「関東物流センター」を開設した。

第2期工事は、積極的な木材利用に向けた建築資材事業での木材流通サプライチェーン活用で、センターを重要な拠点と位置付け、首都圏での市場競争力の強化と収益力の改善を目指し、倉庫などを新設する取り組みになる。

また、今回の工事を通じて、首都圏全体を見据えた商品の保管を集約化し、最適な在庫体制を整備すると共に、ストックヤード機能に加え、木材商品のアッセンブル機能などを新たに付加し、サービス向上を図るとしている。

<3月30日に執り行われた地鎮祭>
0415nice2 - ナイス/埼玉県入間郡の「関東物流センター」の第2期工事を着工
ナイスは今後も、首都圏の物流拠点で、ストックヤード機能を担う大型拠点や現場配送機能を担う都市型拠点など、各地の立地特性を生かして役割や機能を考慮して、取引先に対するサービスの質を向上し、効率的な物流網を再構築するとしている。

■関東物流センター
所在地:埼玉県入間郡越生町大谷352番地
敷地面積:4万1347.12m2

■第2期工事 概要
構造:鉄骨造 平屋建て(2棟)
建築面積:2789.44m2、3400.59m2
工事期間:2022年4月~2022年10月(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース