LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

福山通運/北海道で「北広島流通センター(仮称)」着工

2022年06月30日/物流施設

福山通運は6月30日、福山通運グループの北広島流通センター(仮称)の開発を北海道北広島市で開始し、2023年10月に竣工予定だと発表した。

<北広島流通センター(仮称)完成予想図>
20220630Fukuyama1 520x303 - 福山通運/北海道で「北広島流通センター(仮称)」着工

<地鎮式の様子>
20220630Fukuyama2 520x347 - 福山通運/北海道で「北広島流通センター(仮称)」着工

同流通センターは、集配業務に加え、流通加工、保管業務を兼ね揃えたロジスティクスターミナルとなる。札幌市内をはじめ「新千歳空港」や「苫小牧港」までのアクセスに優れ、同社のネットワークを最大限に活かした倉庫保管から流通加工、輸送までのワンストップサービスを実現するとともに、物流業務の省力化を図るマテハン機器の充実による働きやすい環境づくりを推進する。

今後とも同社グループは、多様化する顧客のニーズに応えるため、よりきめ細やかな物流サービスを提供していくとしている。

■北広島流通センター(仮称)の主な概要
名称:北広島流通センター(仮称)
所在地:北海道北広島市大曲幸町5ー1ー2
敷地面積:1万2739.58m2
延床面積:2万857.44m2
構造:地上3階建、鉄骨造

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース