LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコーGHD/北陸地区最大級、1.8万m2の物流拠点が来夏完成

2022年06月30日/物流施設

センコーグループホールディングス(GHD)は6月30日、北陸地区の物流業界で最大級の延床面積を有する「センコー金沢第2PDセンター」の起工式を、6月11日に行ったと発表した。

新センターは2023年6月の竣工を予定しており、センコーGHDが建設し、傘下の事業会社であるセンコーが施設を賃借し運営する。

<センコー金沢第2PDセンター完成予想図>
20220630senko 520x245 - センコーGHD/北陸地区最大級、1.8万m2の物流拠点が来夏完成

新センターは、北陸自動車道「美川IC」「白山IC」から6㎞、「徳光スマートIC」から5km、金沢市内まで30分と好アクセスで、白山市は北陸3県(福井、富山、石川)のほぼ中央にあることから、北陸エリア全域への商品供給拠点として、高い利便性が期待できる。

北陸地区は小規模な倉庫が多く、延床面積が1万5000m2(約5000坪)を超える大型施設は数少ない状況だが、Eコマースの拡大や大手ドラッグストアをはじめとした全国チェーンの量販店の進出など、小規模倉庫では対応できない規模の物流需要が想定される。

センコーは、長年、全国各地で取り組みを拡大してきた量販小売店向け物流のさらなる強化を推進するなか、北陸地区でも新たな需要が増えていることから、地区最大級の拠点開設で事業拡大を図るとしている。

さらに、新センター屋上全面に敷設する太陽光パネルで電力を賄い、余剰電力を外部に供給するなど、環境に配慮した設備も積極的に導入する。

■センコー金沢第2PDセンター概要
所在地:石川県白山市村井2640
建物構造:鉄骨造 地上4階建て
敷地面積:1万8032m2
延床面積:3万4654m2
設備:貨物用エレベーター、ケースソーター、垂直搬送機、クライミングレラー、
移動ラック、太陽光パネル、EV 充電設備(乗用車用)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース