LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/東京駅から5km、冷凍冷蔵対応の都市型物流施設提供

2022年08月03日/物流施設

プロロジスは8月3日、東京都江東区辰巳において都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京辰巳 1」の提供を開始すると発表した。

<プロロジスアーバン東京辰巳 1>
20220803prologis 520x302 - プロロジス/東京駅から5km、冷凍冷蔵対応の都市型物流施設提供

「プロロジスアーバン東京辰巳 1」は、飲食店やホテルなどの飲食業に携わる「食のプロフェッショナル」を対象に、卸売り市場を展開するメトロの日本法人であるメトロキャッシュアンドキャリージャパンが店舗として使用していた施設をプロロジスが改修し、全館空調付きの冷凍冷蔵対応の施設として提供を開始する。商業施設を賃貸用物流施設にコンバージョンする取り組みは、同社として初の事例だ。

JR 京葉線「潮見駅」から徒歩10分地点に立地する。首都高速9号深川線「枝川」出口より約1.5km、首都高速湾岸線「新木場」出入口より約4.3kmと、都内全域への車両でのアクセスにも優れている。都心部の商業施設への店舗間配送や、ECフルフィルメント拠点、ダークストアとしての利用ニーズが想定されるほか、城東エリアへの即日配送やラストワンマイル配送拠点としても理想的な立地である。

「プロロジスアーバン東京辰巳1」は、敷地面積約5800m2に立地する地上3階建て、延床面積約9300m2の既存施設をフロア単位(最小約600坪)で賃貸可能なマルチテナント型物流施設として改修する。

施設全体で5基の人荷用エレベーターと、各階アクセスが可能な屋上まで自走できるスロープを備え、搬送能力に優れた施設である。1階は空調を備えた倉庫スペースで、有効天井高は約4.8m、床荷重は1m2当たり2.0tと重量物にも対応可能なスペックである。2階の一部と3階は、冷蔵冷凍に対応した倉庫スペースで、有効天井高は2階が最大約4.2m、3階が約2.9mである。

また、1階と2階にそれぞれトラックバース2台分(計4台分)を確保し、スロープを利用して4トントラックが1階から2階へ直接アクセスできる構造(3階及び4階は普通乗用車のみ)で、効率的な物流業務を支援する。さらに屋上部分と敷地内には併せて79台の乗用車・軽貨物車を駐車可能な駐車場を備えており、多数の営業車両や貨物車両の保管対応が可能である。

2022年8月よりリノベーション工事に着手し、同年末頃に完成する予定であり、入居企業を募集している。また、8月下旬には現地での内覧会の開催を計画している。

■概要
名称:プロロジスアーバン東京辰巳 1
開発地:東京都江東区辰巳2丁目4-10
敷地面積:約5800m2(約1800坪)
延床面積:約9300m2(約2800坪)
構造:地上3階建・S造
改修工事着工:2022年8月
工事完了予定:2022年12月頃

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース