LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東京建物/東京都あきる野市でサンリオ等入居の物流施設着工

2022年08月03日/物流施設

東京建物は8月3日、東京都あきる野市に建設する「(仮称)T-LOGIあきる野」の地鎮祭を終え、着工したと発表した。

<「(仮称)T-LOGIあきる野」外観イメージ>
20220802tokyo 520x346 - 東京建物/東京都あきる野市でサンリオ等入居の物流施設着工

同施設は、同社が東京都内で開発する初の物流施設で、2023年4月の竣工を予定。地上4階建て延床面積5万m2のマルチテナント型物流施設とする計画で、一部区画にはサンリオの入居が内定している。

圏央道「日の出IC」から2.5km、中央自動車道「八王子IC」から11.3kmに位置しており、都心向け配送から広域配送まで幅広い利用を想定。最寄りのJR五日市線「武蔵引田駅」から徒歩6分の駅近物件で、周辺には今後住宅地が形成される予定であることから、雇用の確保にも優位性を持っている。

<広域図>
20220802tokyo1 520x371 - 東京建物/東京都あきる野市でサンリオ等入居の物流施設着工

<周辺図>
20220802tokyo2 520x358 - 東京建物/東京都あきる野市でサンリオ等入居の物流施設着工

地上4階建ての建屋は、1階と3階に高床式のプラットフォーム(バース数94台分)を設け、3階への車路としてスロープを設置する。倉庫区画の仕様は、梁下有効天井高が5.5m、柱スパンが11.5m×10.8m、床荷重が1.5トン/m2。1階は平屋使いが可能で、冷蔵倉庫にも対応する。

縦搬送設備は、ドックレベラーを1階と3階に各8基、垂直搬送機と人荷用エレベーターを3・4階に各4基設置する予定。2階には東西2か所にラウンジを設置し、就業環境に配慮する。敷地内には53台分の駐車場と5台分のトラック待機場を設ける予定。

■物件概要
所在地:東京都あきる野市引田字阿岐野・引田字櫻ノ岡・伊奈字引田ノ上の各一部(土地区画整理事業施工地区)
交通:圏央道「日の出IC」2.5km、中央自動車道「八王子IC」11.3km(都道169号線、新滝山街道利用)
JR五日市線「武蔵引田駅」徒歩6分
敷地面積:2万8050m2(予定)
延床面積:4万9500m2(予定)
構造:鉄骨造
階数:地上4階(倉庫部分3層)
耐震区分:耐震(予定)
竣工:2023年4月(予定)
入居:2023年5月~(予定)
設計・施工:熊谷組

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース