LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アルム、帝人/RFID活用で次世代医療サプライチェーン実証

2022年11月17日/SCM・経営

ディー・エヌ・エーの子会社であるアルムと帝人は11月17日、脳血管内治療計画プログラムと電子タグシステム(RFID:Radio Frequency Identification)を活用した次世代医療サプライチェーンの実証試験を共同で開始したと発表した。

<「次世代医療サプライチェーン」のイメージ>
20221117teijin 1 520x293 - アルム、帝人/RFID活用で次世代医療サプライチェーン実証

今回の実証試験は、脳血管内治療に携わる医療現場での治療の質向上と医療資源のロス削減を実現するための取り組み。アルムは、AIを用いたICT技術により、各人にとって最適な治療計画と治療デバイスを提案するプログラムを構築し、帝人は独自のRFID技術を用いて治療デバイスの過剰や欠品を防止する在庫管理体制を整備し、このシステムの実効性を確認する。2024年12月までに実証試験を完了し、2025年ごろまでに社会実装することを目指す。

このサプライチェーンでは帝人が展開する電子タグ(RFID)システム「Recoシリーズ」を活用する。同製品は強い電波を、読み取りたいエリアのみに制限する「電波局在化技術」を基にした「高い読み取り精度」を実現している。

この実証試験に用いる製品は、RFIDタグが密集する狭いスペースにおけるピッキング作業での正確なタグの読み取りが可能となる技術や、使用済みのデバイスに貼付されたRFIDタグを読み取って即時に在庫情報へ反映させる「RecoFinder」。これら「Recoシリーズ」を物流倉庫や病院内で使用して正確な在庫管理を実現することで、流通在庫を絞りながらも、必要器具の欠品リスクや器具選別による時間コストやヒューマンエラーの削減が可能になる。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース