LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





NXHD/インドのDXスタートアップ企業に出資

2024年01月16日/3PL・物流企業

PR記事

NIPPON EXPRESS ホールディングス(HD)は1月16日、2023年1月に設立したCVCファンド「NXグローバルイノベーション投資事業有限責任組合」の第3号案件として、インドでデジタルフォワーディングサービスを提供するWIZ Freight(WIZ社)に出資したと発表した。

WIZ社は、2020年に設立した急成長のデジタル・クロスボーダー・サプライチェーンのスタートアップ企業。インドをはじめUAE、香港、シンガポール、タイ、米国の世界6か国・地域、25以上の拠点を持ち、グローバルサプライチェーンの領域でデジタルフォワーディングサービスを提供している。

近年、国際物流業界はグローバル取引の拡大に伴い、サプライチェーンの複雑化や貿易業務の標準化・効率化が大きな課題となっている。このため、国際物流業務のデジタル化により手配の標準化や、業務の進捗、輸送状況などの情報を可視化することで、物流の最適化を図る物流プラットフォームの構築が期待されている。

NXグループは、こうした課題の解決へ向けDXを推進、国内外でのスタートアップ企業との協業などに積極的に取り組んでいる。今回、インドおよびその他の新興市場でデジタルフォワーディングサービスに強みを持つWIZ社へ出資することで、NXグループのグローバルフォワーディング事業を強化し、DX推進を加速させていく考えだ。

■出資先概要
会社名:Wizfreight (Radar Ventures Private Limited)
所在地:Sudha Centre, 31, Dr Radha Krishnan Salai, Dwarka Colony, Mylapore, Chennai, Tamil Nadu 600004
設立年:2020年1月
資本金:約89万2000 インドルピー(2023年10月現在)
従業員数:900名(2023年10月31日現在)
事業内容:デジタルプラットフォームを活用した国際フォワーディングサービスの提供

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース