LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





国交省と気象庁/日本海側大雪で緊急発表、不要不急の運送控えて

2024年01月22日/3PL・物流企業

PR記事

国土交通省と気象庁は1月22日、東日本から西日本の日本海側を中心に平地・山地共に23日から25日頃にかけて、警報級の大雪となる予想をふまえ「大雪に対する国土交通省緊急発表」を行った。

この冬一番の強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となることが予想されており、特に23日夜から24日は北陸地方や近畿北部、山陰等で降雪が強まり、普段雪の少ない東日本から西日本の太平洋側の平地でも大雪となるおそれがある。今後の防災気象情報に留意するよう呼びかけた。

また、過去の大雪の際に、大型車の立ち往生が主な原因で交通に甚大な影響が生じたことがあることから、「運送事業者は大雪時等において、輸送の安全の確保に支障が生ずるおそれがあるときは、事業用自動車に冬用タイヤが装着されていることの確認を行う等、安全を確保するために必要な措置を講じることが必要」としている。

<大雪の立ち往生等の様子>
0122kokkosyo1 520x354 - 国交省と気象庁/日本海側大雪で緊急発表、不要不急の運送控えて

0122kokkosyo2 520x354 - 国交省と気象庁/日本海側大雪で緊急発表、不要不急の運送控えて

なお、雪道において悪質な立ち往生が発生した場合には、監査を行い事実関係を確認したうえで、講じた措置が不十分と判断された場合は、行政処分の対象となる。

適切な運行を管理するとともに、荷主においても「トラック事業者への不要不急の運送依頼を控えていただくようお願いします」と、協力を呼び掛けている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース