LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





霞ヶ関キャピタル/賃貸型冷凍冷蔵倉庫2件を対象にファンド組成

2024年06月28日/物流施設

霞ヶ関キャピタルは、同社が開発用地のソーシングおよび企画立案をおこなった賃貸型冷凍冷蔵倉庫『LOGI FLAG COLD横浜港北I』、『LOGI FLAG Fresh 京都I』の2件を対象不動産とする私募ファンドを組成した。

なお、このファンドよりアセットマネジメント業務を受託したことから、引き続き対象不動産の管理をおこなっていく。

今後も投資機会を広く提供するとともに、投資価値の最大化をするため事業を推進し、企画・開発を進める各アセットタイプにおいても同様にファンド組成を進めていくことで、成長戦略の柱の1つである「AUMを積み上げ、安定収益の拡充を加速させる」取り組みを強化していくとしている。

■ファンド概要
名称:合同会社コールドブリッジ2号
組入れ資産:賃貸型冷凍冷蔵倉庫:2件
設立年月日:2024年5月27日
運用開始日:2024年6月28日
ファンド出資者:ヒューリック、芙蓉総合リース、 中道リース、霞ヶ関キャピタル 他
アセットマネージャー:霞ヶ関キャピタル

<組入れ資産概要 LOGI FLAG COLD横浜港北I>
20240628kasumi1 - 霞ヶ関キャピタル/賃貸型冷凍冷蔵倉庫2件を対象にファンド組成

<組入れ資産概要 LOGI FLAG Fresh 京都I>
20240628kasumi2 - 霞ヶ関キャピタル/賃貸型冷凍冷蔵倉庫2件を対象にファンド組成

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース