LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ラストワンマイル協同組合/宅配ミニを関東・関西エリアで本格展開

2024年07月02日/3PL・物流企業

ラストワンマイル協同組合は、新たなサービスとして、業界最安水準の「宅配ミニ」を開発し、本格的な運用を関東1都 2県、関西2府2県で 6月よりスタートさせた。

<宅配ミニの小荷物>
20240702lastonemile - ラストワンマイル協同組合/宅配ミニを関東・関西エリアで本格展開

「宅配ミニ」は、対象エリアにおいて、「三辺の合計が 55cm 以下」「重さ1.5kg以下」の小荷物の配送を「1個当たり 320 円(税込)」で提供する業界最安水準のサービス。専用のBOXや封筒などを購入する必要もないため、ユーザーは安価、かつ、手軽にサービスが利用できる。

今回「宅配ミニ」の提供により、通販・EC 業界を中⼼とした荷主企業の課題解決を図っていく。「宅配ミニ」では1年間で 5万個、3年後に20万個の取り扱いを目指す。併せて、さらに多くのエリアでこの新しいサービスの展開をしていく予定だ。

なお、ラストワンマイル協同組合は、2018年4月に関東1都5県の中小の配送業者が集結して設立。下請けではない荷主直の共同受注、共同配送のメリットを生かして効率化を図り、より安い運賃と遅延しない配達を実現している。現在は近畿や東海などに事業を拡大し、通販、メーカー、倉庫などさまざまな業種の荷主からの宅配を請け負う。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース