LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





西濃運輸/来春入社予定者が輸送現場の最前線を見学

2024年07月02日/3PL・物流企業

西濃運輸は5月31日、6月12日、6月25日の計3日間にわたり、2025年4月入社予定の総合事務職31名の採用候補者向けに、名古屋西支店、深川支店、大阪西支店で施設見学会を開催した。

今後、西濃運輸の幹部候補を目指し会社を担う人財として、輸送現場の最前線である支店業務を肌身で感じてもらうために実施したもの。

<見学会の様子>
0702seino1 - 西濃運輸/来春入社予定者が輸送現場の最前線を見学

0702seino2 - 西濃運輸/来春入社予定者が輸送現場の最前線を見学

当日は、オリエンテーション、自己紹介、入社までの今後のフロー説明、施設見学(支店内倉庫・集配ホーム上)、グループワーク、先輩社員との座談会、昼食会などを行った。

参加した学生からは、「実際に支店内を見学してみて、想像していたより大きな施設で、多くの商品を取扱いしており日本の物流を支えていると感じた」「商品を仕分けする際、自動仕分け機で効率的に作業されており驚いた」など多くのコメントが寄せられたという。

物流業界では人手不足や高齢化が課題となっているが、今後、セイノーグループでは採用候補者に対し、いち早く実際の物流を肌身で感じてもらう機会を提供することで「物流を超えて、心をつなぐ」企業として取組みを進めていく考えだ。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース