西日本鉄道/成田ロジスティクスセンター増築

2003年08月14日 

西日本鉄道(株)航空貨物事業本部は、成田空港南部工業団地に成田ロジスティクスセンターを増築する。
TACTが9月末に解散することとなり成田及び原木地区に二極化していた貨物取扱が今後成田に集中することが予想されるとともに、SCMを推進する一貫として顧客ニーズが高まりつつある3PL、VMIを一層推進するため二期工事着工した。
平成16年3月竣工予定、増築場所は既存施設に隣接した東側、地上5階建て、建築面積1 974m2、延べ床面積7 932m2、全階空調完備の倉庫仕様とする。1階にはワークステーションを設置し、より効率的な輸出入貨物のULDハンドリングを行う。 

最新ニュース

物流用語集