ユーリンプロ/フランス日新社専用物流施設を完工

2006年02月06日 

オーダーメード型物流施設の投資・開発会社ユーリンプロ(本社:ルクセンブルク日本支社:東京都千代田区麹町)は、フランス、パリ近郊のNANTEUIL-LE-HAUDOUINで、フランス日新専用の最新型物流施設10,150㎡の開発を完工し、施設内ではオペレーションを開始した。

施設は、同社のクライアントである家電製品メーカー向けの専用物流施設として開発。細心の注意が求められる電気機器の物流業務に適応する、高品質で最新型の物流施設。

開発において、立地選定や設計における厳しい要件を実現し、フランス日新社のニーズに合わせたオーダーメード型で、柔軟なウェアハウス・ソリューションを提供している。

施設は、パリ北東49kmに位置し、物流戦略上、重要な場所に位置しています。パリ・シャルル・ド・ゴール空港や基幹道路N2に近接し、道路と航空の複合輸送が可能なアクセス性に優れた立地条件を擁している。

また、同社の旧物流施設に近接しており、従業員の通勤においても利便性が考慮され、延床面積10,150m2の多機能を擁する物流施設で、500m2の事務所を併設。今後の事業拡大に合わせ、15,000m2までの拡張も可能になっている。

要望に応え、天井高を11m設け、スペースの効率化を可能にし、厳しい防火規定により、パリ近郊の物流施設の有効高さは10mが標準だが、同社独自の技術と設計によって、11mの有効高さを確保することができた。その結果、同社の旧物流施設と比べ容積率の25%増加を実現している。

また、高品質な商品保管に対応するため、コンプライアンスに順守し開発されている。防火基準を重視し、最新型ルーフネット・スプリンクラーESFR(typeK25)を採用し、高性能な設備、床耐荷重50kN/m2、床平面2m/3m2のスーパーフラットフロアも備えている。

ユーリンプロは、ソニー社、日本ビクター社、NYKロジスティクス社(日本郵船社グループ)などの日系企業の物流施設開発実績がある。

フランス日新社専用物流施設概要
所在地:フランス/NANTEUIL-LEHAUDOUIN
(パリ近郊)
物流施設面積:10,150m2
事務所:500m2
ローディング・ドック:14
オーバー・ヘッド・ドア1
有効高さ:11m

問い合わせ
ユーリンプロ(株)
コミュニケーション部
TEL03-3264-7441
info@eurinpro.jp
http://www.eurinpro.com

最新ニュース

物流用語集