日立物流/メディカル業界向け大型物流センター開設

2006年11月06日 

(株)日立物流は、大阪市此花区の舞洲(まいしま)地区に「関西メディカル物流センター」を竣工し、医薬品メーカーをはじめとするメディカル業界のお客様の西日本地区中核拠点として稼働する。

同社では、各業界に適した情報システム・物流センター・輸配送網など標準インフラ(プラットフォーム)を構築し、共同保管・共同配送等の共同物流をご提案する「業界プラットフォーム事業」を進めており、2005年4月からはトイレタリー業界のお客様向けにプラットフォームサービスの提供を開始している。

新センターでは、メディカル業界のお客様へ個別に最適な物流サービスを提供と、プラットフォームサービスによる、物流サービスレベル向上と物流コスト低減を実現する。

なお、同センターは、プロロジス(日本本社:東京都港区東新橋)が建設し、同社より賃借するもの。

センター概要
名称:(株)日立物流関西メディカル物流センター
所在地 :大阪府大阪市此花区北港緑地2-1-92
<アクセス>阪神高速道路湾岸線北港西出入口より約2km
建屋仕様:鉄骨鉄筋コンクリート造6階建(ただし、2階は事務所部分)
敷地面積:約24,800㎡(約7,500坪)
延床面積:約56,500㎡(約17,000坪)
荷役機器等:3.5トン荷物用エレベータ×3基、1.5トン垂直搬送機×12基、6.0トンドックレベラー×3基、接車バース数66バース
主な取扱商品:医療用医薬品、一般医薬品、検査用試薬他
特徴:「医薬品卸売一般販売業」取得(2006年10月)、全館空調(1階除く)、電力・空調監視システム、非常時自家発電設備を完備、冷蔵設備、危険物倉庫も設置
稼働時期:2006年11月より順次稼働

最新ニュース

物流用語集