日本通運/北九州空港発国際航空貨物路線を大幅拡充

2008年02月07日 

日本通運は2月6日、国土交通省の認可を5日付で受け、北九州空港を発地とする国際航空貨物の仕向地を新たに11地点追加、計12地点に拡充したと発表した。
北九州空港は、2006年3月に開港した大型機材の離発着が可能な2500mの滑走路を有する24時間運用の海上空港。日通北九州航空支店は、門司税関小倉出張所に近接した自社保税蔵置場を所有。同年8月から、同空港を利用した上海向け混載サービスを国際航空フォワーダーとして唯一提供してきた。
北九州航空支店の有する通関・保税体制と北九州空港就航便を利用した航空ネットワークを最大限活用し、大幅な仕向け地の拡大を行った。
今回、北九州空港を利用した仕向地の拡充により、日通が提供する国際航空サービスネットワークは、日本国内15地点から世界各地1438仕向地に拡大した。
日通では「今後も地方空港の活用を含め高品質、利便性の高いサービスを提供していく」としている。
■今回、拡充した仕向地
北米地区:3地点(ニューヨーク・サンフランシスコ・シカゴ)
欧州地区:4地点(フランクフルト・シュツットガルト・グラスゴー・アムステルダム)
アジア地区:4地点(シンガポール・クアラルンプール・青島・広州)

最新ニュース

物流用語集