富士機工/緊急対策、本社移転、コアビジネス以外を事業売却

2009年02月05日 

富士機工は2月4日、緊急対策を実施、推進を決め、コアビジネス(シート部品、小型車用コラム、シフター、機関駆動部品、大型部品)に集中し、それ以外の事業の売却を推進する。

さらに、本社部門は新居事業所に移転し、土地、建物の売却を進め、国内子会社を含め、7拠点体制を敷いてきたが、生産量の着地点を見極めながら、統合を推進する。

この他、取締役報酬の一部返上の増額、執行役員報酬20%、管理職給与10%減額、非正規社員の約400名を4月末までに0とする。

最新ニュース

物流用語集