住友電工/中国で鉄道車両用空気ばねと防振ゴムの合弁会社設立

2009年08月17日 

住友電気工業は8月17日、子会社である東海ゴム工業とともに、今創集団有限公司(以下:今創集団)との合弁により、鉄道車両用空気ばねと防振ゴムを製造、販売する新会社を中国・江蘇省に設立すると発表した。

中国では、主要都市間を結ぶ中・高速鉄道の建設が急ピッチで進められ、2020年までに約16,000kmの路線が整備されるとともに、大都市における地下鉄網の整備も進展しており、鉄道車両の需要も急速に拡大してい。

鉄道車両内装品や表示装置で大きなシェアを有し、車両メーカーへの強い営業力を持つ今創集団をパートナーに合弁会社を設立することに合意し、8月16日に調印した。

新会社では、鉄道車両用空気ばねと防振ゴムの製造、販売を行うが、両製品とも鉄道台車に装着されるもので、製品設計や販売面でのシナジー効果を期待していまち。

合弁会社の概要
商号:常州住電東海今創特殊橡塑有限公司(仮称)
所在地:中国・江蘇省常州市
資本金:3000万人民元(約4億円)
出資比率:住友電工27.5%、東海ゴム27.5%、今創集団45%
役員構成:住友電工1名、東海ゴム1名、今創集団2名
従業員数:50名(2012年)
事業目的:鉄道車両用空気ばね及び防振ゴムの製造、販売
設立時期:2009年9月(予定)
生産開始:2010年2月(予定)
売上計画:17000万人民元(約24億円)(2012年)

最新ニュース

物流用語集