アルフレッサ/岡山製薬工場に第二製剤棟竣工

2009年11月13日 

アルフレッサファーマは11月13日、岡山製薬工場(岡山県勝田郡)敷地内に建設を進めていた医薬品の第二製剤棟が竣工し、12月より稼動すると発表した。

第二製剤棟は、総額34億円を投資した国際的GMP基準にも対応した製剤棟で、従来からの自社製品に加え、今後は受託製造をさらに拡大させ、生産稼動率の向上を通じて製造原価の低減を図る。

施設の概要
所在地:岡山県勝田郡勝央町太平台18
構造鉄骨2階建
建築面積3,417㎡
延床面積6,417㎡
生産能力:固形剤16億錠/年、液剤1800万本/年

最新ニュース

物流用語集