ロート製薬/中国に調達・生産・販売の合弁会社

2010年06月08日 

ロート製薬は6月8日、中国において合弁会社を設立したと発表した。

漢方、生薬エキスの品質向上と安定供給を目指し、急速に拡大する中国市場を最重要戦略市場と位置付け、現地における調達・生産・販売を視野に入れて事業を進める。

設立会社の概要
商号:Tianjin ROHTO Herbal Medicine Co., Ltd.
所在地:天津市西青経済開発区賽達北一道15号
代表者:山田邦雄
事業内容:漢方生薬エキス製造、販売
資本金:1100万USドル(約10億円)
7月ごろに440万USドルを払込む予定。残りの660万USドルについては1年後をめどに払込む予定。
設立年月5月28日
出資比率:ロート80%、ウチダ和漢薬10%、天津力生10%
操業開始:2011年12月(予定)

最新ニュース

物流用語集