ANA/燃油サーチャージを値下げ

2010年06月14日 

全日本空輸グループは6月14日、7月1日から適用する国際線貨物の燃油サーチャージの運賃額改定を国土交通省に申請した。

指標としている米国エネルギー省公表のシンガポールケロシン市況価格が1か月平均で1バレル当たり88.26ドルになったことを受け改定する。

改定後の料率は、北米・欧州・中東向けの長距離が1kg当たり81円から75円に、シンガポール・タイ・ベトナム向けが65円から59円に、韓国・台湾・中国向けが62円から56円にそれぞれ引下げる。

最新ニュース

物流用語集