セントラル硝子/中国でリチウムイオン電池用溶液の生産拠点

2010年10月13日 

セントラル硝子は10月13日、中国の大手化学会社である山東石大(石大社)との間で、リチウムイオン電池用LiPF6高濃度溶液(LiPF6:六フッ化燐酸リチウム)の製造を行う合弁会社設立で合意した。

合弁会社に70%を出資し、生産に必要な技術供与を行う。工場は2012年半ばの稼動を目標とし、石大社現有敷地内に建設する。生産能力は標準電解液換算で年間1万t(需要動向に合わせ段階的に増設)とし、製造した製品は日本を含めた全世界に供給を行う。

合弁パートナーの石大社は、山東省東営市に拠点を置く石油化学を中心とした化学メーカー。リチウムイオン電池用溶媒については世界最大級のサプライヤー。

最新ニュース

物流用語集