ヤマト運輸/香港で宅急便事業開始

2010年10月21日 

ヤマトホールディングスは10月21日、香港における宅急便事業、コレクト事業の開始を決めた。

このため、香港に宅配便事業会社、香港ヤマトデベロップメントとコレクト事業会社として、香港ヤマトペイメントサービスを設立する。

ことし1月から上海・シンガポールで開始した宅急便事業は、前月比で順調に拡大しており、香港では宅急便に類似した物流サービスが存在していないため宅急便事業を展開するもの。

営業開始は2011年2月を予定しており、事業開始時の設備投資額は、車両、施設など約2億7000万円。当初トラックは30台で、初年度には従業員100人体制を計画している。

設立する子会社の概要
宅急便事業会社
名称:香港ヤマトデベロップメント(株)
(2011年1月に香港ヤマト運輸に商号変更予定)
所在地:23rd FLOOR AIA Financial Centre, 712 PRINCE EDWARD ROAD EAST, KOWLOON, HONG KONG
代表者:取締役社長前島淳太
事業内容:香港における宅急便事業
資本金:50,000,000HK$(約5億2500万円)
(2011年2月、170,000,000HK$(約17億8500万円)に増資予定)
設立予定日:2010年11月12日
出資比率:ヤマトホールディングス100%

コレクト事業会社
名称:香港ヤマトペイメントサービス(株)
所在地:23rd FLOOR AIA Financial Centre, 712 PRINCE EDWARD ROAD EAST, KOWLOON, HONG KONG
代表者:取締役社長大野一彦
事業内容:香港におけるコレクト事業
資本金6,000,000HK$(約6300万円)
設立予定日:2010年11月12日
出資比率:ヤマトホールディングス100%

最新ニュース

物流用語集