コカ・コーラウエスト/在庫圧縮による物流費のコスト削減進む

2011年02月05日 

コカ・コーラウエストは2月4日に発表した2011年12月期の決算によると、SCMの分野は、生産ラインの歩留まり向上やペットボトルの内製化による製造原価の低減、在庫圧縮による物流費などのコスト削減を進めた。

組織体制面では2010年1月1日付でエリア別に販売および物流を担当していた西日本ビバレッジ、コカ・コーラウエストジャパンセールス、関西ビバレッジサービスの3社を「ウエストベンディング」、「日本ビバレッジ」、「コカ・コーラウエストリテールサービス」の3社に機能別に再編した。

このほか、資材単価の引下げ、業務の効率化と要員体制の見直しによる生産性向上とグループの間接コスト削減等によって経営体質の強化をさらに進めた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集