荒川化学/中国の子会社を再編

2011年02月09日 

荒川化学工業は2月9日、中国広西壮族自治区梧州市の子会社3社を広西梧州荒川化学工業への統合を決めた。

同社は、中国国内に生産子会社を5社設けているが、中国におけるさらなる拡大を推進するためには、経営基盤の安定化と経営の効率化が必要と判断し、統合するもので、生松脂からロジンおよびロジン誘導体、さらにはロジン系の製紙用サイズ剤、粘着・接着剤用樹脂までを一貫生産することで、大幅な生産性の向上を目指す。

再編後の概要
商号:広西梧州荒川化学工業有限公司
所在地:中国広西壮自治区梧州市外向工業園区五路一号
代表者:董事長中尾光良、董事総経理劉冬梅
設立年月日:200812月17日
事業の概要:ロジンおよびロジン誘導体、製紙用サイズ剤、粘着・接着剤用樹脂などの製造ならびに販売
資本の額:登録資本15,000,000米ドル
出資持分:荒川化学工業100%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集