LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ふそう/世界販売台数前年比41.3%増

2011年02月21日/調査・統計

三菱ふそうトラック・バス(以下:三菱ふそう)は2月21日、2010年の世界販売台数が14万681台と前年比で41.3%増加したと発表した。

販売台数の大幅な増加は、東南アジアをはじめとする海外での販売が好調に推移したもので、海外販売では前年同期比51.6%増の11万5894台となった。

地域別では、東南アジアが、66.1%増の6万281台(3万6294台)、そのうち最大の市場であるインドネシアが、82.5%増の5万5728台(3万540台)と過去最高の販売台数を記録した。

中東は、17.2%増の1万6556台(1万4131台)。欧州(トルコ含む)は224.2%増の1万2525台(3863台)と大幅に回復。アフリカは、21.7%増の8518台(7002台)となっている。

国内販売は、BlueTecRシステムを搭載した、大型トラック「スーパーグレート」、小型トラック「キャンター」など新型車の投入により、前年同期比7.3%増の2万4787台(2万3091台)を達成した。

三菱ふそうは、昨年25車種以上の新型車を全世界で投入。今年は、20以上の新型車および、改良車種を全世界で投入する予定だ。そのうち、「新型キャンター」をアメリカ、カナダ、欧州、オーストラリアで発売を開始するとともに、2012年末には、40の地域で販売を行う予定。2010年には、ロシア、パキスタン、カンボジア、ラオスに市場参入した。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース