近鉄エクスプレス/管理部門を改編し、4本部体制に

2011年02月23日 

近鉄エクスプレスは2月23日、管理部門の一部を改編し、4本部体制にするなど4月1日付の組織変更を発表した。

管理部門の変更点は、現・グローバル・ストラテジック・カスタマーズ本部を「コーポレートセールス&マーケティング本部」に名称変更。現・サプライチェーン・マネジメント・ソリューション部は「ロジスティクス事業本部」に名称変更する。

新規に「フォワーディング事業本部」を立ち上げ、航空貨物事業部(新設)、海上貨物事業部(新設)、品質管理部(新設)の3部で構成する。「グループ経営戦略本部」は現行どおり。

また、営業部門では、営業活動の効率化・強化ならびに通関部門(センター・出張所)での人材の効率的運用と品質向上を図るため、全面改編を行った。

現行・フォワーディング営業部は「輸出営業部」に、現行・ロジスティクス営業部は「輸入営業部」に改編。海上営業部は廃止となり、海上輸出事業は輸出営業部に、海上輸入事業は輸入営業部に改編する。また、ロジスティクス営業部を新設し、ロジスティクス事業を担当する。

なお、組織変更に伴い取締役と執行役員の担当業務を4月1日から変更し、服部雅一専務取締役は、コーポレートセールス&マーケティング本部管掌、富山譲治専務取締役はフォワーディング事業本部長、航空貨物事業部長(兼務)、輸出営業部担当、輸入営業部担当、ロジスティクス営業部担当、米州本部管掌となった。

星合弘之常務取締役はコーポレートセールス&マーケティング本部長、會川眞也取締役はロジスティクス事業本部長となった。

また、加藤俊幸執行役員は欧州・中近東・アフリカ本部長に、鳥居伸年執行役員は輸出営業部長にそれぞれ変更となった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集