日本郵船/重大海難事故対応を想定し、模擬記者会見

2011年07月13日 

日本郵船は7月12日、同社運航のばら積み船「フロンティア・ディスカバリー」で海難事故が発生したとの想定で模擬記者会見を行った。

<模擬記者会見の様子>
20110713nyk - 日本郵船/重大海難事故対応を想定し、模擬記者会見

同社グループでは、1997年7月に発生した大型タンカー「ダイヤモンド・グレース」の油流出事故を教訓として、毎年7月1日より1か月間、すべての社員に安全運航の重要性を再認識させるキャンペーンを行っており、今回の模擬記者会見もその一環として実施されたもの。

事故は、同社運航のばら積み船「フロンティア・ディスカバリー」(総トン数:9万1508トン)が東京湾入口の千葉県館山市西方約16.5キロ付近を航行中、遊漁船と衝突。その結果、相手船は沈没。「フロンティア・ディスカバリー」からは、燃料油の流出はないものの、相手船から油の流出が確認された。当該事故で相手船に乗っていた乗客・乗組員9名のうち5名は救助されたが、その後うち3名の死亡が確認され、残り4名が行方不明、という想定で行われた。

同社では、フロンティア・ディスカバリー」で海難事故発生、本船からの一報により、社内に事故対策本部を立ち上げたと想定。当該事故に関する情報収集を関係各所(海上保安庁等)経由で実施したという想定のもと、情報開示の準備を開始。そして、本社で模擬記者会見を実施という流れだ。

この模擬記者会見で、事故発生以降の情報をもとにニュースリリースや記者会見を通じ、社会への迅速且つ正確な事故の説明の重要性を再確認したとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集