国交省/カンボジアと物流政策対話

2011年08月08日 

国土交通省は8月5日、「日カンボジア物流政策対話」をカンボジアのプノンペンで開催した。

この政策対話は、日本とカンボジア合わせて約30名が参加し、物流政策や両国が抱える物流の課題について、活発な意見交換を行った。

意見交換では、カンボジア側から日本における物流の法制度や日本がこれまで直面してきた物流の課題に対する解決策のほか、JIFFA の役割について関心が示された。

日本側からは、両国のさらなる発展のためには物流の効率化が効果的であり、そのためにはカンボジアにあった施策を見つけることが重要であること、物流効率化のための一手段としてパレットが有効であること、今後一層の情報交換等を通じて意思疎通を図りたい旨コメントした。

今後の予定として、現地の物流改善を目的とした実務者レベルのワークショップを本年11月下旬にプノンペンにて開催する予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集