レンゴー/天津聯合包装の独資化と新工場建設

2011年08月28日 

レンゴーの中国合弁企業の天津聯合は8月24日、パートナーが保有するすべての出資持分を譲受し、100%出資の独資企業となったと発表した。

新工場を天津市津南区の八里台工業園に建設しており、12月に完成後、工場を移転する計画だ。

新工場は天津経済技術開発区(TEDA)へのアクセスもよく、進出企業の段ボール需要に応えるため、主要設備を一新し、生産能力を倍増する計画。

■天津聯合包装概要
本社所在地:天津市紅橋区光栄道保康路7号
(移転先:天津市津南区八里台工業園区豊澤四大道14号)
資本金:2550万US$(約19億3900万円)
株主:レンゴー 100%
事業内容:段ボール及び段ボールケースの製造販売
売上高:1億900万元(約13億4400万円)〔2010年12月期〕
従業員数:297名(2011年7月末時点)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集