エコ配/エコプロダクツ2011に出展

2011年11月09日 

エコ配は12月15日から17日まで開催される環境展示会「エコプロダクツ2011」に出展する。

エコ配は「エコロジー&エコノミーな新発想の宅配便」として、東名阪地域で環境負荷が低い宅配便ネットワークを構築し、運用している。

エコ配がエコロジーであるのは、配送手段に自転車を用いていること(取扱荷物の実に6割が自転車で配送されています)と、配送手段に自動車、バイク等を用いているエリアについては、カーボン・オフセット・クレジットの購入により、温暖化ガスの排出枠を購入し、排出されるCO2の量を事実上ゼロとしているため。

また、業界平均を下回る格安の宅配料金を実現しているが、環境負荷が低いうえに、料金も低い「エコロジーとエコノミーが両立するサービス」は、事業コンセプトとしては、ユニークとしている。

こうしたエコ配のユニークなビジネスや取り組みの紹介と、さらにエコ配の描く将来の宅配便サービスの方向性を提案することを目的に出展する。

ブースでは、映像等の方法により、エコ配の取り組みと将来の方向性を伝える「宣言」を行う。加えて、新たな試みとして、会場でエコ配を「体験」できるサービスを計画している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集