住友倉庫/シンガポール子会社でOHSAS18001認証と bizSAFE 認定

2012年01月27日 

住友倉庫は1月27日、子会社のユニオン・サービシズ・シンガポール(USS)が、労働安全衛生マネジメントに関する国際規格 OHSAS18001:2007 の認証と同国における労働安全衛生規格の最上級資格である bizSAFE (Level Star)の認定を受けたと発表した。

USSはシンガポールで、石油化学メーカーの構内倉庫作業、運送、フォワーディング等を取り扱う物流会社で、既に ISO9001 及び ISO28000 の認証並びに STP-Plus(同国 AEO 制度の最上級資格)の認定を受けており、マネジメントシステムの構築を積極的に推進している。今後、これらのシステムを活用して、サービスの品質及び安全性を一層向上させるとしている。

OHSAS18001 は、英国規格協会の労働安全衛生マネジメントシステム規格 BS8800 を基に、日本、英国等の規格協会のほか、各国の審査登録機関を含めた多数の機関が参加するコンソーシアムにより 1999 年に作成された国際規格(2007 年改訂。

bizSAFE は、シンガポール政府が、事業所における労働安全基準を満たす企業を5段階で評価・認定する制度。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集