LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

楽天/楽天市場店舗運営システム、ヤマト運輸とデータ連携

2012年02月02日/IT・機器

PR記事

楽天は、楽天市場の店舗向け運営システム「RMS(Rakuten Merchant Server)」(以下:RMS)と、ヤマト運輸の「送り状発行システム/B2Web」とのデータ連携を、2月13日から開始する。

楽天市場の出店店舗は、宅急便の送り状を手間なく作成することができ、商品を購入したユーザーは、商品の配送状況を簡単かつ確実に確認できるようになる。

出店店舗のメリットとして、RMSの受注情報データを、専用ソフトに打ちかえたり、手書きをすることなく宅急便の送り状が発行できるようになるため、出荷にかかわる作業時間の時間を削減できる。

また、受注管理番号と送り状番号を自動で紐付けされるため、出荷後の配送状況の確認が容易になる。

ユーザーのメリットは、楽天市場の購入履歴ページから、配送状況の確認が可能になる。

利用については、出店者はヤマトビジネスメンバーズの登録(無料)を行い、連携に必要なパスワードを取得する。次に、RMS画面にて、取得したパスワードを含む必要情報を登録することで、データ連携が開始する。

対象の送り状は、宅急便発払い(クール宅急便含む)、宅急便コレクト、クロネコメール便、クロネコメール便速達サービス(宅急便タイムサービス、宅急便着払い、国際宅急便は対応していない)

楽天とヤマト運輸は、インターネットショッピングの出店者と消費者の双方の利便性を高めていくことで、今後もインターネットショッピングの裾野を広げていく。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース