川崎汽船/可変タービンノズル型過給機の長期実船運用試験を開始

2012年03月08日 

川崎汽船と川崎重工業は3月8日、8万5400トン型石炭専用運搬船で、川崎-MAN-B&W5S60MC-C7型主機関に二酸化炭素(CO2)削減効果のある「可変タービンノズル(Variable Turbine Area)型過給機」を搭載し長期実船運用試験を開始すると発表した。

可変タービンノズル型過給機は、主機関の燃焼効率を高めることによりCO2の排出量を削減する新技術。

主機関の陸上試験運転では、「可変タービンノズル型過給機」の採用により常用負荷を含む部分負荷全域で1~2%以上のCO2排出量および燃料消費量の低減を確認した。今後は長期の実運航において性能評価および耐久性の確認を行う、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集