佐川急便/「カーボン・ニュートラル認証」取得へ

2012年03月20日 

佐川急便は3月19日、環境省の「カーボン・ニュートラル認証試行事業」に採択され、3月21日からカーボン・ニュートラル認証取得に向けた本格的な取り組みを開始すると発表した。

カーボン・ニュートラル認証試行事業では、東京・京都・博多の3地区のサービスセンターがモデル。それぞれのサービスセンターではトラック等の配送車両の使用を抑制することにより、対象年度(2008年度)と比較して約70トンの温室効果ガスを約40 トンに削減できていると試算。

サービスセンター運営に必要な電力使用量、営業店からの輸送にかかる燃料使用量などを温室効果ガス排出量に換算し、その全量をグループで所有する国内排出権クレジット(J-VER)等でオフセット(埋め合わせ)することで2013年5月のカーボン・ニュートラル認証取得を目指す。

最新ニュース

物流用語集