キムラユニティー/業績予想を上方修正

2012年04月16日 

キムラユニティーは4月16日、2月3日に公表した2012年3月期の通期業績予想を修正した。

売上高は前回発表時377億円を382億円(増減率1.3%増)、営業利益は11億8000万円を12億8000万円(8.5%増)、経常利益は12億4000万円を14億円(12.9%増)、当期利益は5億7000万円を7億円(22.8%増)に修正した。

売上高は依然事業別にまだら模様だが、前回の業績予想と比較して上振れして推移した。

利益面も、売上高の増収に加え、グループ全社を挙げて収益改善活動を強力に推進したことや為替が見込みより円安に推移したことから、2012年2月3日に公表した業績数値を上方修正した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集