LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ジャムコ/宮城県名取市に航空機製造の新工場建設

2012年04月23日/生産

ジャムコは4月23日、宮城県名取市に工場を建設し、航空機用炭素繊維構造部材、航空機用エンジン部品の生産ラインを新工場へ移設すると発表した。

新工場建設のため2010年10月に用地を取得し、2011年4月より工場建設に着手する予定で計画を進めていたところ東日本大震災が発生し、仙台空港に既に展開している同社航空機整備カンパニー仙台整備工場が被災した。

このため、新工場建設計画を一時凍結していたが、計画を一部変更し、建設に着手することになったもの。

■新工場の概要
立地場所:宮城県名取市愛島台7-101-36 愛島西部工業団地内
敷地面積:4万1621㎡
工場延床面積:1万2555㎡
建物構造:平屋建て鉄骨造(ブレース造)
投資総額:約15億円(施設、設備の総額)
操業開始:2013年4月 (工事着工:2012年4月)
主な生産品:航空機用エンジン部品、航空機用炭素繊維構造部材など
主な設備:オートクレーブ2台 、炭素繊維構造部材成形ライン7台 、真空炉1台、機械加工設備30台
従業員数:約80人(新規採用者 20~30 名を含む操業開始時)
当該工場売上高:操業初年度約30億円
主な顧客:IHI、AIRBUS、Premium AEROTEC GmbH など

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース