トナミHD/3月期の売上高1.1%減、営業利益17.0%増

2012年05月12日 

トナミホールディングスが5月11日に発表した2012年3月期決算によると、売上高1177億900万円(前年同期比1.1%減)、営業利益14億300万円(17.0%増)、経常利益16億1800万円(6.1%増)、当期利益6億3200万円(101.1%増)となった。

物流関連事業は、貨物自動車運送事業と貨物利用運送事業や3PL事業での既存顧客の受諾業務の拡大と新規顧客の開拓等に努めた。

不採算取引の見直しや輸出関連の物流需要の低迷もあり、売上高は1074億9900万円(1.4%減)となった。

営業利益は燃料費の負担増もあったが、業務効率の向上や諸経費の圧縮の結果、6億6900万円(37.7%増)となった。

来期は、売上高1202億円(2.1%増)、営業利益20億円(42.6%増)、経常利益23億円(42.2%増)、当期利益10億2000万円(61.4%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集