上組/介護老人保健施設に参画

2012年06月29日 

上組は6月29日、介護老人保健施設「みなと」と「みなとクリニック」の経営不振を受け、上組が経営責任を持つ新医療施設として再出発すると発表した。

新医療施設の安定経営に責任を持つ合同会社を設立し、その合同会社は神戸市から土地の提供を受け、施設を建設し、2014年4月貸与して開業する計画。

合同会社は、地元企業複数社からの出資協力により事業化し、より多くの地域の人々が新医療施設を利用していただくことで、安定的な運営体制を構築する。

新医療福祉施設の主な事業は、介護老人保健施設、最新医療機器導入によるクリニック、介護付有料老人ホーム。

合同会社概要(予定)
会社名:(仮称)神戸医療促進合同会社
所在地:神戸市中央区浜辺通4-1-11
設立時期:2012年9月
資本金:1億円
出資者候補:約20社
代表社員:上組(出資比率50%)

新医療施設(予定)
所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町3(ホテルオークラ神戸北側)
建物:5階建て
敷地面積:3,900㎡
延床面積:8,305㎡()
(仮称)介護老人保健施設「サニーピア」
業務内容:通所介護、リハビリ、一般(40床)、認知症(40床)/現在75床
(仮称)「サニーピアクリニック」
業務内容:一般検診、成人病検診、生活習慣病検診
(仮称)介護付有料老人ホーム「サニーピア」
業務内容:介護付有料老人ホーム(全室個室30床)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集