三井化学/シンガポールで生産設備、物流施設を増強

2012年08月30日 

三井化学は8月30日、シンガポールで高機能エラストマーの生産能力増強を決定したと発表した。

日本の現行生産設備に加えてシンガポールに特殊銘柄生産設備を導入し、生産能力を増強するとともに物流品質レベル向上のため、製品倉庫・出荷設備も増強する。

北米・欧州地域での物流拠点を設置するなどグローバル物流体制の整備を進めている。

■能力増強の概要
対象製品:タフマー
所在地:シンガポール ジュロン島内(MELS 工場敷地内)
増強内容:8000トン/年の特殊銘柄生産設備新設、製品倉庫・出荷設備の増強
投資額:約25億円
スケジュール:2013年10月完工(予定)

最新ニュース

物流用語集