いすゞ/中型トラック「フォワード」の減税対象車拡大

2012年10月17日 

いすゞ自動車は10月17日、2009年度基準低排出ガス認定を取得した、中型トラック「フォワード」のGVW8t車(177kW(240PS)・154kW(210PS))を全国一斉に発売する。

<いすゞ フォワード F-CARGO TKG-FRR90S2型※エアディフレクターは販売会社オプション>
20121017isuzu - いすゞ/中型トラック「フォワード」の減税対象車拡大

「フォワード」GVW8t車(177kW(240PS)、154kW(210PS))は自動車重量税・自動車取得税が50%減税となる。

低排出ガス車認定制度は世界で最も厳しい水準の排出ガス規制である2009年(ポスト新長期)排出ガス規制に対してNOx・PMとも10%以上低減するという極めてクリーンな排出ガス性能が求められる制度。

低排出ガス車に認定された燃費基準達成車は自動車重量税・自動車取得税の特例措置(新エコカー減税)の対象となり、新車購入時の税額が減免される。

目標販売台数は1万3000台/年(フォワード全体)で、東京地区希望小売価格はTKG-FRR90S2(2015年度燃費基準達成、ポスト新長期排出ガス規制適合、F-CARGOウイングボディ、フルキャブ、リーフサス、エンジンは4HK1-TCHで177KW、トランスミッションは6速Smoother-Fx)で1017万8000円(税抜き)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集