川西倉庫/4~9月の売上高0.8%減、営業利益9.3%減

2012年11月08日 

川西倉庫が11月8日に発表した2013年3月期第2四半期決算によると、売上高114億4700万円(前年同期比0.8%減)、営業利益2億8400万円(9.3%減)、経常利益2億8200万円(10.5%減)、当期利益1億7300万円(18.3%増)となった。

首都圏物流の構築、輸配送業務の強化、NVOCC業務の強化等に積極的に取り組んできた。普通倉庫において荷役取扱い業務の増加及び2012年2月に稼働した新設倉庫の影響により倉庫業務の業績は前年同期を上回ったが、貨物取扱高及び国内貨物運送取扱業務が前年同期に比べ減少した。

国内物流事業の売上高は96億8800万円(前年同期比1.5%減)、セグメント利益は5億3400万円(1.1%増)となった。

国際物流事業の売上高は16億9500万円(4.0%増)、セグメント利益は7900万円(12.8%減)となった。

通期は、売上高233億円(1.1%増)、営業利益5億6600万円(57.2%増)、経常利益5億3800万円(49.0%増)、当期利益3億1000万円(81.8%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集