経産省/シャープ、グリーン物流パートナーシップの優良事業者に

2012年12月03日 

国土交通省と経済産業省は12月3日、グリーン物流パートナーシップの優良事業者の2012年度受賞者が決定し、12月11日に表彰式を行うと発表した。

国土交通省政策統括官表彰には、三井倉庫ロジスティクス、シャープ、富士通パーソナルズが選ばれた。

功績理由は複数の家電メーカーから各量販店への異なる製品配送システムを一元化するとともに、配送拠点を集約化することにより、大規模な共同配送を実現し、CO2排出量の削減を達成した、としている。

CO2排出削減量は22.9トン、CO2排出削減量は40.6%となった。

経済産業省商務流通保安審議官表彰には、パナホーム、筑波物流、西塚物流、マルミヤ、三岐通運、木戸口運輸、下田運輸、双葉運輸、九軌が選ばれた。

功績理由は住宅建設現場への製品、部材供給において、廃棄物の集約拠点となるECOセンターを設立し、これに建設現場からの戻り便で回収した廃棄物の集約機能及び物流の中継機能を持たせることで車両の大型化及び台数の削減を可能とし、二酸化炭素の排出を削減した。

CO2 排出削減率は31.7%(排出削減率は推計値)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集