NEC/100個以上の大量の商品を正確・瞬時に識別する技術を開発

2012年12月05日 

NECは12月5日、世界で初めて、大量の商品を同時に識別し、種類、位置、個数などを高速・高精度に把握できるセンシング技術を開発したと発表した。

この技術を、コンビニやスーパーなどの流通業界で活用することで、在庫管理の徹底や精緻な需要予測などDCM(Demand Chain Managementの略)のさらなる高度化を実現し、地域・店舗に応じたきめ細やかな店舗運営を支援することができる。

100個以上の大量の商品を一度に識別する画像認識技術と、見えにくい場所の商品の有無を検知するセンシング技術を組み合わせたもの。これらにより、商品棚に陳列されている全ての商品の種類、位置、個数など商品管理に必要な情報を瞬時に把握することが可能。

また、商品有無の変化を検知することで、購買者が商品を手に取ったり戻したりする動作を把握し、商品の関心度を推定することができる。

流通業者は、販売実績だけでは困難な購買者ニーズの抽出と在庫管理の徹底、商品販売施策の検証が可能になる。また、地域・店舗に応じたきめ細やかな店舗運営を実現し、従業員スキルや文化が多様な海外への展開を支援する。

NECでは今後も研究開発を進め、流通業、製造、物流、保守事業などに向けて、この技術を活用したC&Cクラウドサービスの実現を目指す、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集