日本郵便/南米8か国宛て船便郵便物を引き受け停止

2013年01月24日 

日本郵便は1月25日、南米8か国宛て船便郵便物の引受けを停止する。

引受けを停止する国はアルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、コロンビア、チリ、パラグアイ、ベネズエラ、ボリビア。郵便物の種類は船便通常郵便物と船便小包郵便物。

関係郵便物は、これまで、名宛国まで直接送達する船舶が利用できない等のためブラジル経由で送達していたが、ブラジルの郵便事業体からオペレーション上、これら関係郵便物の仲介業務を停止する旨の連絡があり、送達経路を確保できなくなったもの。

今後、代替となる送達経路が確保でき、引受けを再開する際は、改めて案内する。

航空郵便物、SAL郵便物と国際スピード郵便物(EMS)はこれまで通り、引き受ける。また、ブラジル宛ての船便郵便物についてもこれまで通り。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集