日本郵船、商船三井、川崎汽船/ソマリア社会再建プログラムに参加

2013年02月12日 

Shell、BP、A.P. Moller Maersk、Stena AB、日本郵船、商船三井、川崎汽船は2月8日、7社共同で、国連開発計画(UNDP)が実施するソマリア社会再建プログラム(支援プロジェクト)へ100万米国ドルの資金援助を行うと発表した。

7社は2012年2月に、インド洋での海賊行為発生のリスク軽減のために、ソマリアの情勢安定化に共同で取り組んでいくことを合意しており、今回のUNDPへの資金援助はその取り組みの第一歩。

今後、さらに共同で追加資金を提供し、ソマリアでの支援プログラムを決定していく。

UNDPは、ソマリアで、農業、畜産業、漁業分野での雇用を促進し、若い世代に雇用の機会を提供、その雇用を長期にわたり支援していくことを中心に活動を行っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集