LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SGHD/全国の物流施設で太陽光発電

2013年03月04日/物流施設

SGホールディングスは3月4日、グループ不動産事業を管理統括するSGリアルティが、グループ保有資産を活用したクリーンエネルギー供給事業を4月から開始すると発表した。

<発電開始予定のSGリアルティ柏A棟(右)、左は2013年秋竣工予定のSGリアルティ柏B棟>
20130304sghd - SGHD/全国の物流施設で太陽光発電

電力の安定供給や環境負荷低減に目的に78か所の施設で太陽光発電を行い、各地域の電力会社へクリーンエネルギー供給事業を開始する。年内には、最大18.3メガワットの発電規模となる見込み。

使用する太陽光パネルはソーラーフロンティア 、ソーラーフロンティアが宮崎県の工場で生産する国産のCIS薄膜太陽電池で、実発電量の実績を評価して採用したもの。

最初に導入するのはSGリアルティ柏A棟(千葉県柏市)。

■太陽光発電設備の概要
発電規模:18.3メガワット
設置面積:18万5950㎡
パネル枚数:11万4410枚
パネル供給会社:ソーラーフロンティア(昭和シェル石油の子会社)
設置場所(エリア):九州20か所、四国4か所、中国7か所、関西7か所、中部18か所、関東19か所、東北3か所、計78か所

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース