川崎汽船/新造コンテナ船でSCR装置の運用試験

2013年03月21日 

川崎汽船は3月21日、ジャパン マリンユナイテッドとダイハツディーゼルが、MARPOL条約付属書Ⅵに定められたNOx三次規制に対応する選択触媒還元法脱硝装置(SCR装置)の運用試験を開始すると発表した。

SCR装置は、陸上施設の脱硝装置や北欧に就航する一部の船舶に採用事例があるものの、大洋航行する大型船舶への搭載の事例は限られている。

2016年以降に建造に着手する船舶が指定海域とされる欧州や米国に就航する際には、NOx三次規制に適合することが求められることから、大型船舶へのSCR搭載・運用時の諸問題を解決し、実証しておく必要がある。

このため、3月26日に就航を予定している8600個積み大型新造コンテナ船“HANOI BRIDGE”の大型発電機用ディーゼル機関にSCR装置を装備し、運用試験を実施することにしたもの。このSCR装置は既に本船建造中に装備しており、海上試運転等で所要の性能を満足していることを確認している。

就航後は約1年半にわたり実際の運航でのSCR装置の性能評価、運用上の問題の有無を確認する。

■船舶概要
船名: HANOI BRIDGE
建造造船所:ジャパン マリンユナイテッド
船番:3290番船
船種:コンテナ船8,600TEU型
対象機関:ダイハツディーゼル製8DC-32(出力3000kWm)

最新ニュース

物流用語集