日立システムズほか/中小規模企業向けクラウド版ERP発売

2013年04月04日 

日立システムズ、SAPジャパン、サヴィス・コミュニケーションズの3社は4月4日、SAP社の中小企業向けERP製品「SAP Business One」のクラウドサービ「SAP Business One On Demand」を日本で提供を開始すると発表した。

SAP社のERPアプリケーションの豊富な構築・導入実績を持つ日立システムズの技術と、SAP社のグローバルホスティングパートナーであるサヴィスのクラウドサービスを組み合わせて実現したもの。

SAP Business Oneは、中小企業向けに特化した、財務会計、販売・仕入・購買・在庫管理、顧客管理、営業支援保守サービスなどのビジネスに必要な基幹業務を統合して管理することができるグローバルスタンダードなERPパッケージ。

27か国の言語や世界41か国の税制、商習慣にも対応しているため、中小企業の顧客の海外でのビジネス展開を支援する。

SAP Business One On Demandは、SAP Business Oneをクラウドサービスとして利用できる新サービス。

サービスの提供により、顧客は多言語・多通貨に対応した豊富な機能を持つ基幹業務システムを、安価な初期導入費用で、運用・保守負荷が少ないクラウドサービスとして利用することが可能。

日立システムズは、主力事業として強化中であるクラウドサービスの一つとして、国内企業および東南アジア地域を中心とする海外の日系企業に対してSAP Business One On Demandの拡販を推進するとしている。

なお、初期費用は個別見積もりとなり、月額費用は1万1550円/1人あたり、となっている。

問い合わせ
日立システムズ
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

SAPジャパン
TEL:0120-786-727

最新ニュース

物流用語集