LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

神奈川県/自動車排出窒素酸化物と粒子状物質総量削減計画

2013年04月10日/CSR

神奈川県は4月9日、「自動車NOx・PM法」に基づき、自動車排出窒素酸化物及び粒子状物質総量削減計画を策定した。

これまでは、2003年7月に策定した前計画に基づき、2010年度を目標年度として、すべての常時監視測定局での二酸化窒素(NO2)及び浮遊粒子状物質(SPM)に係る環境基準の達成を目指してきた。

その結果、2011年度には二酸化窒素については常時監視測定局92局中91局で環境基準を達成し、浮遊粒子状物質についてはすべての常時監視測定局で環境基準を達成した。

しかし、継続的・安定的に達成しているとは言いがたい状況であるため、2011年3月に国が定めた総量削減基本方針を受け、2020年度を目標年度(2015年度を中間目標年度)とした新たな計画を定めたもの。

主な施策には、ディーゼル車運行規制など自動車から排出される窒素酸化物等を抑制する取組、低公害車の普及促進とエコドライブの普及推進など、環境に配慮した自動車の使用を普及する取組。

さらに、物流効率の向上、道路整備など自動車の流れを改善する取組、二酸化窒素高濃度情報の発信、運送事業者等に対する低公害車の使用等の要請など川崎市臨海部における重点的な取組(局地汚染対策)などがある。

今後は、この計画に基づき、国、県、市町村、県警、道路管理者、関係団体、荷主、発注者、運送事業者等が連携して各種施策に取り組んでいくとしている。

詳細
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/575415.pdf

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース