上組/3月期の売上高0.7%減、営業利益7.6%減

2013年05月14日 

上組が5月14日に発表した2013年3月期決算によると、売上高2322億7600万円(前年同期比0.7%減)、営業利益214億7500万円(7.6%減)、経常利益226億6200万円(7.7%減)、当期利益132億4900万円(1.2%増)となった。

国内物流事業は、穀類、青果物など輸入貨物の取扱いや輸入自動車の取扱いが増加したが、コンテナ貨物や工場内物流等の取扱いが減少したことから、国内物流事業部門の売上高は1955億9800万円(0.7%減)、営業利益は192億5700万円(5.0%減)となった。

国際物流事業は、輸出貨物の取扱いやそれらの付帯作業、プラント貨物の取扱いが減少したことにより、国際物流事業部門の売上高は276億9100万円(1.0%減)、営業利益は9億8200万円(13.6%減)となった。

来期は、売上高2346億円(1.0%増)、営業利益219億円(2.0%増)、経常利益231億円(1.9%増)、当期利益136億円(2.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集